BOSS/DC-2W dimension cのレビュー!不思議な音色、でもかなり使える

Roland SDD-320 Dimension DとBOSS DC-2の機能を併せ持つ「BOSS DC-2W 」。

WAZA CRAFTシリーズより復刻された、このエフェクターはどんな効果をもたらしてくれるのでしょう。

この記事ではBOSS/DC-2W dimension cとは何なのか…という疑問についてお答えしています。

目次

DC-2Wの音質や特徴

DC-2Wは空間系のエフェクトとされていますが、ディレイやリバーブというよりは、フェイザーやコーラスに近いような効果を感じます。ですが、揺れ系とも違うような気がします。支離滅裂な説明になっていますが、そこが最大な特徴のエフェクターなのです。

揺れないコーラスとでも言いましょうか、コーラスとビブラートの間の様に感じます。この、わずかに音程をわざとずらしてコーラスのような音に厚みを出している様に聞こえる効果を「デチューン効果」と呼んだりします。

揺れている様であり、クリアでリッチな印象です。コーラスの様な変化はありませんが、深みと広がりのある音になります。

シンプルなセレクタースイッチ

基本的なコントロールは4つのセレクタースイッチだけです。BOSSのエフェクターには類を見ない特殊スイッチですよね。

あらかじめプリセットされた1から4までの音色を選んで使います。更に1-2、1-3、1-4、2-3、2-4、3-4を同時押しして2つのブレンド音が選べます。

1が一番効果が弱く、4が一番効きが強いです。ブレンド音は各モードの特徴が合わさるというイメージです。

ステレオ入力と出力

入力と出力がステレオで出来ます。ギターの入力はまずモノラルでしょうが、キーボードの接続には嬉しい機能ですよね。

出力はアンプを2台使用する場合やステレオ入力の付いてるアンプを使用する際に使います。Roland JC-120にはステレオ・エフェクト・ループが付いていますので、1台のアンプで奥行きのある音作りが出来ます。

スタンダードモードとSDD-320モード

真ん中にあるミニスイッチで2つのモード切替ができます。

スタンダードモードは名機であり兄弟機にあたりますSD-2 Dimension Cのモードです。SSD-320モードはRoland SDD-320 Dimension Dのモードです。

Roland SDD-320 Dimension Dとは、80年代にスタジオワークで一世風靡したラック式のエフェクターです。当時はエレピやストリングスなどに主に使われていましたが、ギターやボーカルにも使用されていました。表面にはSD-2Wと同じく4つのセレクタースイッチがあり、これで4つの音色を変えます。ですが、当時のエンジニアが同時に2つのスイッチを押すとブレンド効果が得られる事に気が付きます。そして、うまく押すとスイッチ同士が引っ掛かり同時に押せる事にも気が付きます。これが裏技として広まったのですが、その効果が今回のSD-2Wのセレクタースイッチに取り入れられています。

SD-2 Dimension CとはSD-2Wの前機種でほぼ音も使用も同じとされていますが、違いはモード切替が無い事と、モノラルでしか接続できない事です。

BOSS/DC-2W dimension cのデメリット

デメリット1 ブレンド効果が・・・

使ってみた印象としましては、値の大きな方「例:1-4の場合ですと4」の音が強くて、バンドのアンサンブルの中では、ほとんど違いが分からないと思われます。変化が少しずつなので、これだと決めて使う方が使いやすいですが、その微妙な変化を極め沼にハマって行くのも楽しいかもしれませんね。

デメリット2 SSD-320モードが・・・

ギターでの使用はスタンダードモードで十分かと思われますので、前機種のDC-2を中古で探して買うというのもありですが、80年代JPOPのコーラスっぽいけどコーラスじゃないみたいな音が欲しい方には、やはりSSD-320モードが良いので、DC-2Wが必要になってきますね。

BOSS/DC-2Wの使い方やセッティング

コーラスとの使い分け

コーラスでは物足りなかったり、大げさになりすぎたりする場面でDC-2Wを登場させます。単音カッティングにショートディレイをかけたりする場合は、邪魔をせず広がりを持たせるDC-2Wを使い、バラード曲のアルペジオにはコーラスを使いライブ演奏の幅を広げます。歪ペダルとも相性がよく、歌物のバッキングで使ってもフランジャーほど存在アピールせずに、歌を邪魔しない揺れ効果が得られます。

ステレオ接続

ステレオで使いますと音の広がり感が程々に奥行きが出て素晴らしいです。程々と言いますのは、大げさになりすぎずに深みを出すという事です。シールドが2本必要だったり接続が面倒ですが、スタジオやライブハウスに常設しているRoland JC-120の裏面のステレオ・エフェクト・ループに是非接続して体感してみてください。

BOSS/DC-2Wと似ている同価格帯の機材と比較した場合の感想

BEHRINGER CG300 CHORUS SPACE-C

見た目もそっくりですし音もクローンです。ですがクリアさに欠けて太く丸くなる印象です。スイッチが全部同時に押せるという飛び道具を持っていて、10種類の音作りが出来ますが違いはあまり感じられませんでした。そしてベリンガーですのでお値段激安です。

tc electonic 3rd Dimension Chorus

こちらも4つのスイッチが付いて見た目もよく似ていますし、スイッチ全部押しの機能もついています。効果はかなり薄目で、ほとんど揺れません。DC-2Wのスイッチ1が好きで安価で済ませたい方にはお勧めです。

BOSS/DC-2W dimension cを使った感想

クリーンに強めにかけていますと、一聴してコーラスと聞き分けるのはギタリストじゃないと分からないと思います。ですが、そこに、このエフェクターの魅力があるのです。私的表現で申し訳ありませんが、コーラスが夜空だとしたらDC-2Wは夜の森林です。耳を澄ますと聞こえる澄んだ音です。綺麗な小さくシャラーンとした音です。

BOSS/DC-2W dimension cはこんな人におすすめ

コーラスの響きが嫌いという方と結構出会います。そんな方には、是非お試し頂きたく思います。「バラードの時に何かエフェクト音欲しいけどツマミの調節がよく分からない」という方には、シンプル4択で選べますのでお勧めいたします。「揺れと歪と絡ませるとグチャと音が潰れるんだよね」という方には、存在アピールしませんが効果は出しますのでお勧めいたします。

空間系にカテゴライズされながら揺れの効果のようなエフェクターSD-2W。不思議ではありますが、お付き合いが長くなりそうな予感しかありません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる