BOSS/LS-2のレビューと使い方!音痩せやブレンダーとしての効果

目次

LS-2とは?

一般的にラインセレクター、ブレンダー、ABボックスの用途としては、複数のエフェクターをまとめてかけたい時や、複数のアンプを使うときの切り替えスイッチとして使います。

BOSS LS-2は数あるラインセレクターの中で定番と呼ばれ、シンプルな接続ながら多彩な機能を持つ名機なのです。

BOSS/LS-2の音質や特徴、ココがすごい

コントロール部

LEVEL 2つのLEVELが付いています。AとBの各センド&リターンのレベルを別々に調整できます。

MODE 6段階の各モードの切り替えスイッチが付いています。

A⇔B フットスイッチを踏むたびにAとBが交互に切り替わります。

A⇔BYPASS Aとバイバスの切り替えです。

B⇔BYPASS Bとバイパスの切り替えです。

A→B→BYPASS バイパス→A→B→バイパスとフットスイッチを踏むたびに順番に切り替わっていきます。

A+B MIX→BYPASS AとBのミックス音とバイバスの切り替えです。

OUTPUT SELECT アウトプットの切り替えです。アンプの切り替えなどに使えます。

ABボックスとしての使用

「A⇔B」を選択して、例えばAに歪みBにコーラスとコンプと繋いで、瞬時に複数のエフェクトを切り替えられるセッティングです。

「A⇔BYPASS」か「B⇔BYPASS」を選択して、片方だけを使うというのもあります。

「A→B→BYPASS」を選択しますと、バイパス音もプラスされますので3種類の音色を切り替えられます。

ブレンダーとしての使用

「A+B MIX→BYPASS」を選択して、Aに歪み、Bにディレイを繋ぎますと並列配線となり、LS-2の中で音がブレンドできて歪んだ音の上にクリーンなディレイ音が追いかけてくるような、通常の直列配線では感じられない効果が得られます。

ミキサーとしての使用

「A+B MIX→BYPASS」を選択して、ギター2本をAとBのリターンに挿します。すると1台のアンプから2本のギター出せる様になります。簡易ミキサーとして使用するわけです。AとBのレベルを調整できますので、例えギターの出力が違っても対応できます。この使用の注意点ですが、インプットにダミーでシールドを挿しておかないと音が出ませんのでご注意を。

BOSS/LS-2のデメリット

センド&リターンのジャックの位置

AとBとインプットとアウトプットを合わせますと、6つのジャックがコンパクトなLS-2に挿さっている事になりますので、なるべくスッキリと配線したいところです。「センド&リターンのジャックの位置が逆だったら、ケーブルも短くて済むのにな」とみなさん思われると思います。

LS-2の音痩せ

LS-2にももちろん、BOSSのエフェクターには付きものの「音痩せ」疑惑がささやかれています。

LS-2の音痩せ対策はボードの1番最初にバッファーを繋ぐかモディファイで対応可能です。

ちなみにLS-2を使用した時の音痩せは、「言われてみれば…」程度、と言いますか、個人的には全く気になりません。

気にし過ぎではないでしょうか(笑)

BOSS/LS-2の使い方やアレンジ方法、セッティング例、つなぎ方、音作りのコツ

アコースティック・ギターのピックアップ音をブレンド

ミキサーとしての使用のアレンジですが「A+B→BYPASS」を選択して、アコギのホールに付けるタイプのピックアップをAのリターンに、ピエゾなどの内臓ピックアップをBのリターンに挿します。そうしてLS-2内で各ピックアップのレベル調整をして出力するわけです。ボディ鳴りと弦鳴りが直感的に調整でき音が太く綺麗になります。

クリーン・ブースト

「A⇔B」を選択して、センド&リターンには何も繋がず、インプットにギターアウトプットからアンプと繋ぎます。何も繋がっていませんが、AとBのレベル調整は出来ますので、各レベルを違う物にすればチャンネルを切り替えた時に音が上下できます。

面白い使い方として、音をわざとガツンと下げるために使うというの出来ますよね。例えばAは12時ぐらいでフラットにしておいて、Bは7時ぐらいの下げ気味のセッティングにすれば、切り替えるたびに激しく音が上下します。2小節は歪、次の2小節はクリーン、そしてまた即座に歪みに戻る。という様な、目まぐるしいアレンジもLS-2で演奏可能となります。これはポール・ギルバートがEQでやっていたプレイを見て思いつきました。

「A+B→BYPASS」を選択すればバイパス音もプラスされますので、3つのレベルを操れます。

ブレンダーとしての応用

「A+B→BYPASS」を選択して、Aに歪みBには何も繋がない。こうしますと、エフェクト音にドライ音をLS-2内でミックスすることができ、じゃじゃ馬系のファズやフランジャーなどもLS-2内で制御できます。その他のエフェクターでも、原音の芯を残して使いたい時などに使用すれば理想に近づけるのです。

BOSS/LS-2と似ている同価格帯の機材と比較した場合の感想

カスタム・オーディオ・ジャパンの「X.select」やXoticの「X-Blender」などが新たなる定番としてありますが、どちらにも個別に調整できるレベルが付いていません。これは大きな違いですし、有ると無いでは音作りの幅が、大いに変わると思います。やはり、LS-2はただの定番ではなく、定番中の定番なのです。

BOSS/LS-2を実際に使った感想

アコースティック・ギターでの使用モードはA→B→BYPASSで、ギターからイコライザーで音を整えてLS-2に送っています。アルペジオ用にコンプとコーラスをAに繋ぎ、Bにはディレイを繋いでいます。リバーブはPAの方で薄目にかけてもらっています。バイバスと合わせますと3つの音色が瞬時に切り替えられますので重宝しています。

エレキでの使用モードはA+B MIX→BYPASSで、オートワウとフェイザーをブレンドして独特な音を作り、飛び道具として一時期使っていました。

BOSS/LS-2はこんな人におすすめ

歪みの切り替えで複数を同時に踏み分けたい。

原音の芯を残してエフェクト音とブレンドさせたい。

小さな会場でふたりでアコースティックライブやりたいんだけど、会場に小さなアンプ1台しかない。

などと、お悩みの方にはLS-2をお勧めいたします。チャンネル別に音量が調整でき、多機能で安価なラインセレクターLS-2で、ライブ演奏を円滑にいたしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる