BOSS/RV-6のレビュー!使い方やセッティング、RV-5との違いを解説

BOSS/RV-6のレビュー!使い方やセッティング、RV-5との違いを解説

BOSS/RV-6とは?

コンパクトサイズで「もうこれ以上のリバーブは出来ないのではないか。」と言われ、ロングセラーを続けた「BOSS RV-5」でしたが、その上を行く後継機として作られたのが「BOSS RV-6」です。モードの追加やエクスプレッションペダルが接続できるようになった事が新機能として目立ちますが、全てを見つめなおし作り直した高品質なリバーブとなっています。

この記事ではBOSS/RV-6を使ったレビューやその使い方やセッティング、RV-5との違いを解説しています。

ここがおすすめ

  • アンプにリバーブが付いていない場合に
  • RV-6のシマーモードは澄んだ空気感の演出可能
  • DELAY機能が復活
  • 充実した入力機能
  • STRYMON BLUE SKYに負けず劣らずの高性能
目次

BOSS/RV-6とRV-5の違い

RV-5はRV-6に現役の座を譲り生産終了となってしまったRV-5ですが、根強いファンもいらっしゃいます。「モードと機能が追加されて音質も向上されてるのだからRV-6でいいじゃないか。」とお思いでしょうが、その音質向上を行ったために、音が変わってしまい好みが分かれてしまいました。特にMODULATEモードの音がRV-5の澄みきった冬の夜空を連想させる音に対し、RV-6は凍てつくような雰囲気が薄れてしまい暖かい印象の音になっています。どちらが良いというのは完全に好みの問題ですが、この辺りが選別の分かれ道となっているようです。

BOSS/RV-6の音質や特徴

特徴1 コントロール部

8つのモードから選んで使います。

■MODE
▪MODULATE
コーラスとリバーブが合体したようなサウンドです。
▪SPRING
フェンダーのアンプなどに付いているスプリングリバーブのシュミレート音です。
▪PLATE
鉄板を反響させてリバーブ効果を得るプレートリバーブのシュミレート音です。
▪HALL
大きな会場の大きな反響音をシュミレートした音です。
▪ROOM
ある程度の広さのある部屋の反響音をシュミレートした音です。
▪ DYNAMIC
ダッキングリバーブのモードです。弾いてるピッキングの強弱に合わせてリバーブのかかりが変わるという優れものです。
▪ SHIMMER
コードを鳴らすと後ろにシンセのストリングスのような澄んだ音が追従してきます。とても不思議な効果ですが新たなリバーブの概念として定着してきた音です。
▪ +DELAY
ディレイが同時にリバーブとかかります。この時リバーブはプリセットされた固定の音となります。
■ TIME
残響の長さを調整できます。
■ TONE
リバーブの音色を調整できます。
■ E.LEVEL
リバーブの量を調整できます。

特徴2 SHIMMER

追加されたモードで驚くのはシマーモードでしょう。2000年代に入ってから新しいリバーブの概念として登場したシマーリバーブですが、澄んだシンセの和音の上に「フア~」とした残響音が付いてくるような効果です。最近ではギタリスト達がこぞって、この効果を自分の音に取り込んでいますので、耳にした事があるとは思います。色々なメーカーがシマーモードを導入していますが、RV-6のシマーモードは澄んだ空気感の演出が優れていると思います。

特徴3 +DELAY

RV-3に付いていてRV5-には付いていなかったDELAY機能がRV-6で復活しています。とても重宝する機能で、これが付いているから購入を決めた方も多いのではないでしょうか。+DELAYモードにするとリバーブはプレートの薄目みたいな感じで固定されています。そして、各ツマミの役割が変わります。TONEがDELAYのフィードバックに変わり返りの回数を調整でき、TIMEはディレイタイムの調整に変わります。そして、LEVELはミックスの代用になります。ここぞという時に踏んでもよし薄目に常にオンでもよし、と使いようのある機能です。

特徴4 キルドライ

インプットのBにだけつなぎますと、リバーブ音だけが出ます。ステレオ入力してミックスして出力する片側だけの音が出るって事です。これを「キルドライ」と呼び、サウンドメイクに活用できます。ホラー映画に使えそうなギターでは無い様な音が作れますが、通常の使用からですとインプット端子を差し替えなくてはならないので、専用機としてスイッチャーに盛り込んで使うしかライブでの使用は不可能に近いです。

特徴5 コスパ良し

全て使える多機能がついたRV-6ですが、入力機能も充実しています。ステレオ入力とステレオ出力にエクスプレッションペダルも繋げて外部からLEVELのコントロールが足元で出来ます。同じ低価格帯の他のメーカーのリバーブですと、インプットやアウトプットがステレオ対応でなかったり、リバーブの種類が1つしかなかったりですので、これだけの機能付きで15.000円前後というお値段ですから、老舗BOSSにしか出来ないサービスですよね。

BOSS/RV-6のデメリット

デメリット1 音痩せとデジタル臭

デメリットなんて何も感じさせさないRV-6ですが、あえてあげるとしたら「少々の音痩せ」と「プレートリバーブやスプリングリバーブのシュミレート音のデジタル臭」でしょうか。最近のBOSSの製品はバッファによる特有の音質変化は改善されていると思いますし、プレートやスプリングのアナログシュミレート音は、深くかけて耳を澄ませて聞くとシュミレートされた音だなと思えるぐらいです。

デメリット2 プリセットがあれば

使えば使うほど「プリセットがあったらな」と思ってしまいますが、RV-6は機能的にここまでのエフェクターですので、次なる要望を満たすには上位機種の「RV-500」を購入するしかないようです。

BOSS/RV-6の使い方やセッティング、音作りのコツ

使い方1 かけ過ぎ注意

多機能で色々なサウンドメイクが可能なRV-6ですので、ついつい効果を大げさにしてしまいます。ですが、グッと我慢して「ちょっと足りないな」と思うぐらいが聞き手には気持ちよく伝わるような気がします。もちろんモードによっては大げさな方がよいモードもありますが、我慢の大人セッティングも試してみてくださいね。

使い方2 常にオン

プリセットが付いてないのでライブでの使用はモード固定の使い方に縛られそうです。「プレートモードかスプリングモードで常にオン」が定番の使い方になりそうです。+DELAYモードも常にオンでも良い感じです。

使い方3 二台目のリバーブとして飛び道具

このお値段での多機能ですし、二台目のリバーブと購入して飛び道具専用にしても良いですよね。アンプに優秀なリバーブが付いているなら、それをメインのリバーブとしてかけておいて、RV-6はシマーモードやモジュレートモードを派手に使用するというやりかたです。今お手持ちのお気に入りのリバーブがあれば、それにプラスアルファーな機能を追加するイメージでしょうか。

BOSS/RV-6と似ている同価格帯の機材と比較

お値段はこちらの方が全然高めですが、似たような効果を得られるエフェクターに「STRYMON BLUE SKY」があります。シマーリバーブを初めて搭載した「BIG SKY」の兄弟機になります。世界中、猫も杓子も「リバーブやディレイはストライモン」みたいになっているのは本当に凄いですし、自然なかかりで深みもあるよいエフェクターだと思います。BLUE SKYは深くかけても応えてくれるといいますか、まだ先があるような気がするリバーブです。RV-6が劣っているというわけではありませんが、比較してみるとその様な印象を受けました。バンドのアンサンブルの中では気にならないですし、それほど深くかけての使用機会も少ないと思いますので、セッティング次第では同等な機能を発揮するのではないでしょうか。後は、BLUE SKYは専用のアダプターでないと動かないようですので、ボードでの取り回しが大変そうです。シマーリバーブはRV-6も音切れもなく、本家に負けず劣らずの高性能だと思います。

BOSS/RV-6を実際に使った感想

ライブでの使用は常にプレートリバーブをオンの定番的な使い方しかしていませんが、秘めている可能性を感じて試したくて仕方ありません。効果を実感できたのはエレキではなく、簡易的なPAでのアコギでのライブに持っていきましたが小さなパブがコンサートホールになりました。スタジオで色々と実験をして、ROLAND JC-120のリバーブと併用したりしましたが、RV-6のリバーブの方が出来がよいので差が出過ぎてしまい上手くいきませんでした。せっかく多機能が付いているRV-6ですので、当たり前の使い方ばかりではもったいない気がします。モジュレートモードや「音質や特徴」の項目で述べました、飛び道具系の使い方のキルドライは極めてライブで使用したいものです。

BOSS/RV-6はこんな人におすすめ

■ リバーブはメインで使いたいけどディレイもたまには使いたい。
■ アンプにリバーブが付いていない。もしくは物足りない。
■ ストライモンのBLUE SKYに手が出ない。

安価で高性能と書いてしまうと安っぽいキャッチコピーみたいになってしまいますが、「RV-6」にはよく当てはまる言葉だと思います。上に箇条書きにした項目に当てはまる方はもちろんですが、リバーブはもう歪み同様ギタリストの必需品の一つですので持っておくべきだと思います。

BOSS/RV-6のレビュー!使い方やセッティング、RV-5との違いを解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる