Origin Effects | Cali76CDのレビューと特徴!これはコンプの決定版か

このコンプレッサーはOrigin Effectsの代表作であるCali 76の良いところを持っています。
それがこのCali 76 CDです。

この記事ではOrigin Effectsの総力が詰め込まれているCali 76CDコンプレッサーについて解説していきます。
ちなみにCDとはコンパクトデラックスのことです。

ベース専用エフェクターはCali76-CBとなるので間違えないようにしてくださいね。

目次

Cali76-CDのスペック

商品名 Cali76-CD
(CD=コンパクトデラックス)
メーカーOrigin Effects
価格58008円~
(amazon参照)
概要コンプレッサー
特徴高いがコンプの決定版になりえる存在

Cali 76 CDの特徴

100%クラスAディスクリート

Cali 76 CDの特徴の一つは100%クラスAディスクリート出ることが挙げられます。

しかし、多くの方はクラスAのディスクリート、さらには100%は音質が良いと勘違いしていますが、実はそういうわけではありません。

クラスA回路という表記があれば、電気的な無駄が多く効率の悪い機材だけど、一応歪みのない信号の限界を突き詰めるには適した構造になっている

出典:「ディスクリート」「クラスA」って何?

つまりこれは、音質を担保するものではなく、素直な回路であるということです。
ここの違いを間違えないようにしましょう。

FETコンプレッサー

コンプレッサーにFETというトランジスターが採用されています。
これにより、素早いレスポンスを返してくれることが特徴です。

したがって、音数の多いロックやテンポの速い曲にも対応できるコンプとなっています。

FETコンプレッサーは素早いレスポンスを返してくれると同時に、強烈な音を作りながらもしっかりと音を潰してくれるのが特徴です。

このメリットを最大限に受け継いでいるのがCali76-CDです。
また低ノイズを実現できるのもFETコンプレッサーのおかげ。

全般的にロックに向いているという反面、スローテンポでナチュラルな音を必要とするジャンルの音づくりは苦手という反面があります。

UREI 1176の設計

UREI 1176はレッドツェッペリンやローリングストーンズのレコーディングでも使われていたもの。

その設計はそのままにコンパクトサイズにしたコンプレッサーこそCali76-CDなのです。
CD=コンパクトデラックスという名は伊達ではありません。

Cali76-CDの設計元であるUREI 1176の最大の特徴がめちゃくちゃ早いレスポンスなので、コンパクトになってはいるもののCali76-CDはその素早いレスポンスを兼ね備えているといえます。

だから音数の多い曲におすすめな。

Cali76-CDのレビュー

カッティングの粒をそろえて綺麗に聴かせるために、コンプを探し求めているならCali76-CDがおすすめです。

従来のコンプレッサーでは音をつぶしすぎたり、レンジが狭くなったり、ノイジーだったり、いろいろ問題がありましたよね。
例にもれず、私も今まで使ったコンプは全部最終的には手放してきました。

うーんと考えてもなかなか見つかりませんでしたが、コンプの決定版となるものはないかと思い、ネットでレビューなどを読んで決め、最終的にCali76-CDを購入しました。

Cali76-CDの使い時としてはカッティングのキレを際立たせたいときや、音を全体的に前に持ってくる(音をヌケさせるという目的)ために使うのが良いかと思います。
また、スライドギターをやる人でも、サステインが欲しいけれど、歪み過ぎたくない人にピッタリ。

昔からダイナコンプがその辺は業界スタンダードでしたが、もっと細かい設定が出来て、レンジ感も狭くならずに、良い部分が飛び出してくるような印象なので、Cali76-CDはかなり使いやすいと思います。

コンプは設定結構悩みます。
しかし困った時のCali76の使い方は、基本的につまみ全部12時にしてみてください。
もともとの品質がかなり良いので、たったのそれでもういい音に大体なります。

コンプのかかり具合はレシオでも変わりますが、意外にもインプットゲインのつまみ(INというつまみです)の開き加減で結構コンプ感が変わります。

Cali76は入力段でどれだけの信号を入れるかで、のちの圧縮具合にも影響されます。

上記の使い方で十分役割を果たしてくれますので、上記の「大体の設定」をもとにあとはお好みで、微調整していくのがベターな使い方かと思います。

Cali76を使うことの重要なメリットは重要なのは、いわゆるパコパコした状態になりすぎているときに、ドライ音を戻すことで、自然さが保つことが出るという事。ドライつまみがあって、コンプを通ってない、ドライ音も通過させることができるので。

あと、Cali76はとにかく抜けます。
言い方は悪いですが、お金を出すことで簡単に音質を向上させるマシーンと言ってもいいと思います(笑)

結構値段的には高くて、おいそれとは手が出ませんでしたが、コンプ選びはこれで最終結論に達しました。

音質重視のかたにとってもおすすめです。

Cali76-CDのまとめ

その素早いレスポンスはテンポの速い曲にも圧倒的な対応力を見せてくれます。
したがって、テンポの速いロックジャンル系統、メタル等におすすめできるコンプです。

逆に、素早いレスポンスを実現できる回路は逆に、ナチュラルな音色づくりを苦手としています。

お金を出して高い品質の音作りが手軽にできますが、上記の注意点には十分注意しましょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる