TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzのレビューと使い方!音作りのコツは?

Rusty Fuzz(ラスティーファズ)とは?

空間系エフェクターの印象が強い「TC ELECTRONIC」ですが、TCの歪み系をボードに取り入れるプロギタリストも増えてきたのも手伝い「安くて使える」との高評価を得ています。

TC歪み系ラインナップの中でも「Rusty Fuzz」は、ヴィンテージ風の強力な歪みの中に現代音楽へのマッチング能力も秘めているファズです。

目次

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzのスペック

商品名Rusty Fuzz
(ラスティーファズ)
メーカーTC ELECTRONIC
概要シリコンファズ
歪みレベル
緩やか
強い
操作
簡単
難しい
音質設定
ザックリ
繊細
汎用性
じゃじゃ馬
何でも
コスパ
低い
高い
おすすめ度
微妙
おすすめ

Rusty Fuzzならサウンドハウスがおすすめ!

  • 分類するとFuzz Face系
  • 安いが轟音
  • かなりコスパ高い
  • 安心のトゥルーバイパス
  • Fuzz Faceは扱いにくいと思っているなら!
※価格は各通販サイトで比較して下さい
tc electronic シリコンファズ RUSTY FUZZ【国内正規品】

tc electronic シリコンファズ RUSTY FUZZ【国内正規品】

5,720円(09/18 00:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzのコントロール部

■ VOLUME
全体の音量を調整できます。
■ TONE
音質を調整できます。
■ FUZZ
歪み量を調整できます。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzの音質や特徴

特徴1 系統はFuzz Face

わかりやすく系統でわけてしまいますと、Fuzz Face系に属すると思います。アレンジされていて扱いやすくローノイズですが、「プチプチ」としたファズ特有の音も出る轟音ファズでもあります。Fuzz Faceにはないトーンが付いていますが、右に振りきった状態がフラットのような気がしました。

特徴2 トゥルーバイパス仕様

オフの時にはギターからの音に一切干渉しません。TCのエフェクターでは定着してきた機能ですね。

特徴3 少し大きめの筐体とジャックの位置

BOSSの筐体より少し大きめのサイズです。ジャックの位置が上部についていますので、うまく接続すれば収まりは悪くないと思います。パッチケーブルを加工したほうが綺麗に接続できますので、半田付けできる人は挑戦してみましょう。出来ない人は半田フリーのパッチケーブル「ジョージエルス」などで対応してみてはいかがでしょう。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzのデメリット

デメリット1 Fuzz Face系だからと購入すると失敗する

Fuzz Face系ではありますが、とても現代的で扱いやすいファズです。ブースターとして使えたり幅広い可能性があるのですが、Rusty Fuzzならではの使い方を見つければ見つけるほど、Fuzz Faceっぽさからは離れていきます。

Fuzz Faceに近い音は出ますが似たサウンドを作るよりは、新たなるファズの使い方を見つけた方が良いエフェクターだと思えます。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzの使い方や音作りのコツ

使い方1 ブースターとしての使用

扱いやすい部類のファズですので、色々と可能性を試したくなります。ファズは単体での使用が基本とされていましたが、現行発売されているファズは他の歪み系と絡せてもよい仕事してくれます。

LEVELを高めにしてFUZZを低めにしてクランチ・サウンドを作っておきます。そして、後段にオーバードライブを持ってきてプッシュ。

FUZZのザラザラ感を出したいなら、オーバードライブで基本の歪みを作っておいて、LEVEL12時ぐらいでFUZZを10時ぐらいにしてFUZZでプッシュですね。

使い方2 轟音ファズ

ツマミ全部マックスで轟音ファズとして使うのも良い感じです。和音はぼやけてしまいますので使いどころを選び、曲の目立たたせたいフレーズに使ったり、イントロでノイズ出してみたりとかワンポイントに使うのがよいですね。

ジャンルにもよりますが単体で使う場合は、轟音ファズとしてアンプ側のボリュームも上げ気味にして、ガシガシ弾くプレイに合うサウンドだと思います。この時、テレキャスターなどのシングルコイル搭載のギターがハマります。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzと似ている機材と比較

TC ELECTRONIC HONEY POT FUZZとの比較

同社の「HONEY POT FUZZ」との比較です。筐体サイズやコントロールは同じですが回路は全然違います。

こちらは「ビッグマフ系」になります。ディストーションに近い音ですが、やはりファズですので荒々しい歪みです。Rusty Fuzzの「プチプチ」したファズらしいサウンドは出ませんが、クリーミーなサスティーンが特徴です。

ファズ界の二大巨頭「ビッグマフ」と「ファズフェイス」はいつの時代も比較の対象でした。「Rusty Fuzz」との選択基準もファズフェイスにするのか、ビッグマフにするのかぐらいの気持ちで決めてよいと思います。

DANELECTRO FAB FUZZ D-7との比較

「DANELECTRO FAB FUZZ D-7」は激安ファズの代表格です。シリコン・トランジスター使用の本格的なファズでありながら驚異の2000円台のお値段です。

ダンエレお馴染みの丸っこい小ぶりの筐体は、ジャックもコントロール部も上部にあります。ボード内での取り回しが良さそうに見えますが、これが曲者でつなぎにくかったりコントロールがしにくかったりします。

DANELECTRO FAB FUZZ D-7はディストーションに近いサウンドですが、ビッグマフ系の音ではないです。
ゲインが強く使える音ではありますが、ファズと言うよりはファズ風味のディストーションと言った方が良さそうです。

したがって、Rusty Fuzzと選択を悩んだら歪みのキャラクターで決めるのがよいと思います。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzを実際に使った感想

クラシカルなファズを想像していましたが、そこは「TC ELECTRONIC」のエフェクターですのでひと味違います。ノイズも少なく扱いやすいサウンドは色々なジャンルに対応してくれそうです。

個人的には単体で使う場合にLEVELがもう少し欲しかったです。ファズは倍音を多く含む潰れた音を、いかにコントロールしていくかがポイントです。バンドのアンサンブルと混ぜる場合は”ゲインを上げ気味で軽く弾く“などの工夫が必要ですので、少し物足りなさがありました。

ブースターとして別の歪み系エフェクターと合わせますと、良い方に化けてくれました。

TC ELECTRONIC/Rusty Fuzzはこんな人におすすめ

良い意味で色々と裏切ってくれるファズです。初めてファズの雰囲気を味わいたい人にもよいですし、ファズを十分理解している人にも応えてくれる性能を持っています。

スイッチャー導入が主流の現代では、ファズを単体で使う人のほうが少なそうですし、「Rusty Fuzz」もボードに並べられる、複数のエフェクターの中に馴染むように設計されているように思います。

Rusty Fuzzならサウンドハウスがおすすめ!

  • 分類するとFuzz Face系
  • 安いが轟音
  • かなりコスパ高い
  • 安心のトゥルーバイパス
  • Fuzz Faceは扱いにくいと思っているなら!
※価格は各通販サイトで比較して下さい
tc electronic シリコンファズ RUSTY FUZZ【国内正規品】

tc electronic シリコンファズ RUSTY FUZZ【国内正規品】

5,720円(09/18 00:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる