BOSS/CE-5のレビュー!CH-1と比較すると違いはどう?

CE-5とは

世界初のコーラスエフェクターとして発売されたBOSS CE-1の血統を継ぐCE-5。

BOSSは日本のメーカーですし、我々日本のミュージシャンは心のどこかに「エフェクターはBOSSに始まりBOSSに終わる」の気持ちがあります。特にコーラスはBOSSという概念があります。CE-5も良い意味で「無個性」な定番エフェクターなのです。

目次

BOSS/CE-5の音質や特徴

CEの名を継ぐエフェクターですから、BOSSの意欲作と思わざるを得ない訳ですが、CE-5はもちろんその期待を裏切らない性能を秘めています。

コントロール部

E.LEVEL 原音とエフェクト音のミックスレベルを調節するツマミです。

RATE 音の揺れを調節するツマミです。

DEPTH エフェクト音の深さを調節するツマミです。

FILTER これは2つ一緒になっていますが、中の方がHIGHのEQ、外の方がLOWのEQとなっています。

現代にも対応できる伝統の音

出音はCEシリーズの名に恥じない「揺れる」コーラス音が引き継がれています。そして、過去作の音瘦せは解消されていますし、クリアーな音抜けの良いサウンドになっています。そのため古き良きサウンドの印象は少し薄れています。

最大の特徴はFILTERでのEQ調節

好みの音作りの最中にピンポイントで音域を調節出来るのが、他のコーラスにはない最大の特徴です。過去作の音の「どんより感」が嫌いで「EQにHIGHとLOWが付いていたら」と思った方も多いと思います。CE-5にはそれを改善できるツマミが付いています。

操作のイメージですが、HIGHはプレーン弦にLOWは巻弦に効く。と思って調節しますと上手くいく様な気がします。

BOSS/CE-5のデメリット

ツマミが多い

BOSSのコーラスはシンプルな操作だからこそ人気があるとも言えます。コントロールノブが多いエフェクターは苦手という方もいらっしゃいます。FILTERの追加で敬遠されているところもあるのかも知れません。ですが、サウンドメイクの可能性を広げる機能ですので、これを機会に是非とも慣れていって欲しいです。

いつの間にかデジタル化

1991年にアナログコーラスとして発売されたCE-5ですが、いつの間にかデジタル化されています。大胆な使用変更ですが「音が変わった」「もう使えない」など話題にもならず、理由も明確にされず、すんなり変更されています。BOSSの技術力の凄さが分かる出来事ですよね。特別デメリットでは無いのですが中古で購入される場合は、アナログの物も混ざって出回っていますので注意が必要となります。

少しマニアックな話になりますが、アナログで使用されていたパーツの一部が希少な物となってしまい、コストがかかり過ぎるため、デジタルで再構築するしかなかった。というのが本当の理由な様です。

私の所有している物はデジタルですが、俗に言う「冷たさ」を感じたことはありません。ですが、アナログの物を見かけましたら買って弾きくらべをしてしまうのでしょうね。

見極めは簡単で裏のラベルがピンク色でしたらアナログです。現行品は全てデジタルとなっています。

BOSS/CE-5とCH-1との違いを比較

CE-5と並んでCH-1も、BOSSのコーラスエフェクターで有名です。CE-5と比べてCH-1は爽やかにかかるい印象です。コントールもシンプルですので、あまり根を詰めてセッティングしなくてもクリーンにかけてしまえば、それなりの音になります。したがって初心者向けではありますね。深いうねりや歪みとの併用を望む方にはCE-5でしょうか。

BOSS/CE-5の使い方やセッティング、音作りのコツなど

歪みエフェクターとの併用

普段ですと歪みの後に繋ぐと印象の薄れるコーラスですが、CE-5にはHIGHとLOWのFILTERが付いていますので大丈夫です。HIGHを結構強めの5時の位置で存在感を示しだします。歪んだ音の上にキラキラ感が乗るという他のコーラスでは味わえない音が出ます。ですが、印象が薄れてしまう事を逆手に取り、FILTERを12時ぐらいの方向にしておいてクリーンでイントロを弾き、Aメロ突入と同時にオーバードライブを踏んでカッティングという使い方をしますと、うっすらとコード感を盛り上げてくれるコーラス効果を得られます。

クリーンでのおすすめセッティング

ツマミをフラットにしても、それなり使えてしまいますが、やはりCEシリーズの深いうねりを強調したくなります。RATEを3時ぐらいにして、FILTERはHIGHは強めでLOWは弱めにします。すると音を聞いただけでクリーントーンでアルペジオが弾きたくなるような煌びやかな音になります。

今までのCEシリーズはLOWがデフォで、そこそこ揺れるようになっていて「どんより感」が出てしまいますが、CE-5でLOWカットで使いますとスッキリして抜けがよく気持ちが良い音が出ます。

BOSS/CE-5を実際に使った感想

ライブでは歪みの前の方に置き薄目のセッティングが使いやすいです。ですが、RATEは深めでCEシリーズのうねりはしっかり出しています。レコーディングではステレオで繋ぎ、場面場面でセッティングを変えて可能性を試しています。

CE-5はツマミをどこに合わせても音質の軸がぶれずに、こちらの直感的な発想に付いて来てくれるところが凄いです。

BOSS/CE-5はこんな人におすすめ

CEシリーズの音が大好きで、ずっと使ってる方はたくさんいらっしゃいます。ですが、CE-1は電源がACですし、重量もありますし、サイズも大きすぎです。コンパクト思考の現代では、なかなか持ち回りが現実的ではないと思います。CE-2やCE-3は性能の割には「プレミア価格」となってしまい、余程こだわりのある方以外は、気軽に買えるお値段ではなくなってしまいました。CEシリーズのファンの方はヴィンテージ志向が強い方が多い様に思えますので、現行品でデジタル化されたCE-5はいまだに「新参者」扱いされている様です。ですが、個人的にはCE-5は、ちゃんとCEシリーズの音も出るし、アレンジの幅も広ろがるし、これのどこがどういけないのと思ってしまうほどです。

「これでいいじゃないか」を「これがいい」に変えてくれるエフェクターCE-5を是非お試し頂きたく思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる