BOSS/Tera Echo TE-2をレビュー!その独特な音質の使い方など

2013年リリース、BOSS『TEー2』(テラエコー)とはDelayでもなくReverbでもない新感覚空間系エフェクターです。

ODー1(オーバードライブ)から続くBOSSコンパクトエフェクター記念すべき100台目の機種であり、空間系エフェクターでありながら、これまでのDelay、Reverbとは違う新しいジャンルの空間系エフェクトを持っています。

見た目は白い筐体に蛍光グリーンのロゴ色、コントロールパネルは上品に輝くメタルパネルに仕上げてあります。
一見BOSSデジタルディレイのような見た目で同系列のエフェクター を感じさせますが、TEー2の音色はとても個性の強いものとなっています。

TEー2は入力された原音を多角的に解析、瞬時に最適化する独自技術MDP(Multi-Dimensional-Processing)を搭載していて、エフェクト音との相性も良く、幻想的で不思議な感覚へと導いてくれます。

今回は新感覚空間系エフェクター BOSS『TEー2』テラエコーのご紹介です。

目次

BOSS/Tera Echo TE-2の音質や特徴

独特のエフェクト

TEー2の音色を言葉で表現するのは難しいのですが、言うなれば『飛躍的な広がりと揺らぎがある音』でしょう。

一応、空間系エフェクター と謳っているのでDelay的な要素も感じますが、BOSSの”フェイザー”や”ワウ”それに”トレモロ”などいろんな要素が複合されているエフェクトのようにも感じます。

「ファッ〜!ヒュルルル〜」と飛んでいきそうな広がりのある独創的な音は是非一度体感してもらいたいエフェクト音です。(聴いてみるのが一番早い)

4つのコントロール

  • E.LEVEL(エフェクトレベル)エフェクト音量の調整
  • TONE(トーン)エフェクトピッチの調整
  • FEEDBACK(フィードバック)エフェクト音の残り具合の調整、強くするとエフェクト音が長く残る
  • SーTIME(スプレッドタイム)エフェクト音の長さ調整、右に回すと揺らぎが長くなる

聞き慣れないSーTIME(スプレッドタイム)というコントロールはTEー2の特徴の一つでもありますが、先ほど表現した『飛躍的な広がりと揺らぎがある音』の長さを調整できます。

SーTIMEノブを絞ればエフェクト音をギュッと縮めて短くでき、右に回せばエフェクト音を引き延ばし長くできます。
完全にカットすればReverbのような音色にもなるようですが多少独特の揺らぎ感は残ります。
逆に3時くらいまで回せば独特の揺らぎエフェクトが強烈にかかり、強い存在感を示します。

空間系のエフェクター には珍しくTONEコントロールが付いているのも特徴で原音の後に続くエフェクト音のトーン調整が可能です。
この辺の機能も既存のBOSS空間系エフェクター とコンセプトが違う感じがしますね。

MDP機構

MDPが搭載されている点も特徴一つです。母体のローランド社独自技術MDP(Multi-Dimensional-Processing)は各周波数帯(各弦)の音を細かく分析、最適化する技術で、BOSSコンパクトエフェクター Xシリーズなどでも使われているデジタルテクノロジーです。

TEー2の独特なエフェクトを実現させるのにMDPは一役買っているように思えます。

ピッキングニュアンスの強弱でエフェクトのかかり具合に変化が起き、強く弦を弾けばエフェクトの揺らぎが強くなり、弱く弾けば滑らかな優しい揺らぎになります。

トリッキーさを持ちながら上品にまとまり、煌びやかなイメージもある音色を作り出しているのはMDPによって最適化された音のおかげだと思います。

ホールド機能

スイッチペダルを踏み続けることでフィードバックが持続する機能、ホールド機能が使えます。
踏み続けるとインジケーターが緑色に変化し(赤と緑に点滅)ONの状態になり、ペダルから足を離せばOFFになります。

持続させているフィードバック音の上からさらに重ねてフレーズを弾くことで、幻想的で浮遊感のある重厚なエフェクト効果が生まれます。

ステレオ入出力

ステレオ接続対応なのでDD(デジタルディレイ)のように2台のアンプへ出力可能です。
TEー2特有の煌びやかな揺らぎエフェクトをステレオ出力すれば今までにない唯一無二の空間演出をすることができます。

実際に広いホールを使ったTEー2のステレオ出力を聴いたことがないので、是非体感してみたい空間演出です。

BOSS/Tera Echo TE-2のデメリット

独特故、使い所が難しい

独特であるがゆえに使い所は考えさせられます。
エフェクトの種類の中でも特殊な音色なので存在感は十分ですが、その分バンドアンサンブルから浮いてしまいがち。

まとめ

今回はBOSS『TEー2』テラエコーの紹介をさせていただきました。

TEー2独特の空間系エフェクトは馴染みがなく少し難しいエフェクトかもしれませんが、コントロールの振り幅が広いのでセッテング次第で自由自在なエフェクトを楽しむことができ、遊び心満載のエフェクター。

個性的なサウンドを求めていたり、ここぞの飛び道具的な使い方をする方にもおすすめです。

おまけですが、中にはシンセサイザーで利用する人もいるようなので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

以上、新感覚の空間系エフェクター BOSS『TEー2』テラエコーでした。
少しでもこの情報がお役に立てれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる