BOSS/MD-2メガディストーションをレビュー!使い方や音質の特徴は?

BOSS MDー2(メガディストーション)とは2001年発売のbossの歪み系コンパクトエフェクター。

シリーズの中で最大級のゲインを誇り、これ以降の新作エフェクターがデジタル回路のみとなっていることから「最後のアナログディストーション」と呼ばれています。

そんな最強のゲインを持っているBOSS/MD-2メガディストーションのについての使い方や特徴などをレビューをしていこうと思います。

目次

BOSS/MD-2メガディストーションの音質や特徴

4つのコントロールノブ

1.LEVEL

音量調節、右に回すほど音量が上がります。

2.TONE/BOTTOM

音色調整、toneノブを上げればシャープな、絞ればマイルドな音色に。bottomノブは低域を強調する度合いを調整します。右に回すほど低域が強調されます。

3.DIST

歪みのかかり具合を調整します。12時を基点に右に回すと強く、左に回すと弱くなります。

4.GAIN BOOST

DISTのつまみ設定からさらに歪みを加え、右に回すほど歪みが強く、音が伸びるようになります。

「DSー1」の流れを組むハイゲインエフェクター

BOSSのハイゲイン系エフェクターは「MTー2」メタルゾーン、「MLー2」メタルコア、「MDー2」メガディストーションの3種あります。

「MTー2」「MLー2」はメタル専用に開発されたものに対して「MDー2」は「DSー1」の特性を継承。

BOSS/MD-2メガディストーションはメタルにのみならず、様々なロックシーンに対応できるハイゲイン歪み系エフェクターなっています。

強力な歪みサウンドを生み出す2つのコントロール

BOSS/MD-2メガディストーションは、そのメガディストーションの名にふさわしい強力な歪みを生み出すために2つのゲインコントロールが装備されています。

「DIST」はDSー1時代からある歪み調整のノブで、MDー2の基本的な歪みはDISTで調整します。

DSー1時代と比べてかなり歪みレベルが強くなっています。

「GAIN BOOST」「DIST」をつまみの設定からさらに歪みを加え、音量、アタック感を増幅させます。

右に回すほど歪みが強く、音が伸びるようになります。

独特なTONEコントロール

独特な2段階TONEコントロールは様々な音色を作り出すことを可能にしています。

TONEノブによる基本的な音色調整に加え、低域を調整できるbottomノブを使うことでよりハードロックらしいズムズム感のある音色になります。

メガディスならではの音色

BOSS/MD-2メガディストーションの音色はDSー1、DSー2の歪みをよりパワフルなものにして、MTー2、MLー2のメタリックな音色よりハードロックよりの骨太なイメージがあります。

それでいて細かなピッキングニュアンスもしっかり出してくれるのでMDー2特有の弾き心地を作り出しています。

BOSS/MD-2メガディストーションのここがデメリット

独特の歪みゆえに

MDー2はディストーションの流れを組んでいるとはいえ、その歪みはDSー1のレベルを遥かに超えるものになっています。

より低域が強調され、ゴリゴリとエグるようなサウンドは、シャープでハイトーン強めなイメージのメタルサウンドというわけでもなく使いどころを若干選ぶエフェクターとも言えるでしょう。

BOSS/MD-2メガディストーションの音作りサンプル

標準的なMDー2セッティング

DISTとGAIN BOOSTは12時に、LEVELはやや下げて11時、TONEを1時、BOTTOM を2時。

これは、ややLOW気味に激しく歪むMD-2の持つ標準的なサウンドセッティングになります。

ローブーストサウンド

DIST、GINN BOOSTは共に3時、LEVEL12時、TONE1時、BOTTOM4時。

BOTTOMを強めにかけることによりズンズンとしたハードロックサウンドになります。

前述した標準的セッティングよりさらに低音響くエグるようなサウンドです。

オーバードライブ

DISTを完全に絞りGAIN BOOSTは10時、LEVELを14時、TONE11時、BOTTOM12時。

MDー2の癖を残したオーバードライブサウンドになります。

ここから「GAIN BOOST」を上げていけばブースター的に使うこともできます。

エッジの効いたディストーション

DISTを4時に、GAN BOOSTは完全に絞り、LEVEL12時、TONE1時、BOTTOM12時。

DISTを強めにかけることにより歯切れの良いディストーションサウンドになります。

MD-2メガディストーションはこんな人におすすめ

LOWをきかせたズムッズムなサウンドが欲しい!

ハイゲイン系のエフェクターはイメージ的に「シャーシャー」して何弾いているかわからなくなることってありますよね。

しかし、MDー2はどちらかというと骨太な感じがして、体の芯に響くような歪みになります。

ゴリッゴリ、ズムッズムな芯にくるLOWな感じの歪みには持ってこいです。

自分だけの強力ディストーションサウンドに

デメリットの時に少し話しましましたが、MD-2はその独特なサウンドで使いにくい性質もあるかもしれません。

ですが裏を返すとそれだけオリジナリティ溢れるサウンドだということにもなります。

自分だけの強力ディストーションを求めている方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?

実はベースにも使える!

MDー2をベースのエフェクターとして使っている方もいます。

LOWまで強力に歪ませることのできるMDー2はベースに使っても有効です。

BOSS にはベース用のオーバードライブエフェクターも用意されていますが、MDー2を使えばよりゴリゴリと荒々しいベースサウンドになりおすすめです。

ですからベーシストがあえてBOSSのMD-2メガディストーションを使うこともあるのです。

BOSS/MD-2メガディストーションのまとめ

BOSS MDー2について最後に簡単にまとめさせていただくと

  • 唯一無二!鬼ハードロック歪み系エフェクター
  • DSー1系譜のハイゲインエフェクター

筆者がMDー2をレビューするとこんな感じとなります。

ほんとによく歪みます!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる