MXR/M101 phase90とM290 phase95のレビューと比較!種類の違いは何?

MXR/M101 phase90とM290 phase95のレビューと比較!種類の違いは何?

この記事ではMXRのフェイザー

  • M101 phase90
  • M290 phase95

この両者のレビューを重点的にしています。

またMXRから出ているフェイザーの種類

  • phase90/95の違い
  • phase 99と90の違い
  • phase 45と90の違い
  • CSP026 ’74 Vintage phase90と90の違い
  • CSP101SL Script phase90 LEDと90の違い
  • EVH90 phase-90と90の違い

を比較しています。

種類によってどんな違いがあるのでしょうか。

目次

phase90phase95の使用アーティスト

「ジョン・フルシャンテ」「ジミー・ペイジ」「ザック・ワイルド」「エドワード・ヴァン・ヘイレン」とロック系のギタリストだけでも上げていきますときりがないですが、ジャンルを問わず使われています。使用しているギタリストのほとんどの方が長く愛用していますし、自分の看板エフェクターとして各自個性的な音を作り上げています。

MXR/M101 phase90の音質や特徴

M101 phase90の特徴1 シンプルなコントロール

「ギター弾いてる人なら一度は使ったことがあるんじゃないかな」と言っても過言ではないフェイザーの定番「MXR Phase90」ですが、世界の大定番になるには理由があります。

オレンジの筐体にコントロール・ノブがひとつだけのシンプル極まりないエフェクターです。たったひとつのノブは「SPEED」を調整するものですが、これを駆使しますと様々な揺れを表現できます。使い方のコツとしては、ざっくり5段階で区切りますと音の作り方が見つけやすいです。Min、9時、12時、3時、Maxと区切り先ずは揺れを確認してみてくさだい。そうすると曲に盛り込みたいイメージがつけやすいと思います。後は微調整をすればオッケーです。

特徴2 クセの強い聴き覚えのあるサウンド

聞いた瞬間に中音域の太いエグい揺れから「Phase90の音じゃないかな」と分かってしまうほど、聞き覚えのあるサウンドです。世界中のロック、ジャズ、フュージョンと様々なジャンルの名曲達がPhase90の揺れで演奏されているのですから、連想するのも仕方ないですよね。

特徴3 音量が少し上がる

MXRの他のエフェクターにも、この現象が起きる場合がありますが、Phase90はオンにすると少し音が大きくなります。これをデメリットとして扱う方もいらっしゃいますが、あえてメリットとして使っているギタリストもたくさんいます。代表的なギタリストは「故エドワード・ヴァン・ヘイレン」です。エディは曲中に何度も踏み分けてPhase90をかけています。リフにだけかけたり、途中のピッキング。ハーモニクスのみにかけたりと大忙しですが、Phase90が少し音量が上がるという特性をブースター的にとらえ曲中の印象付けたい箇所に効果的に入れています。

MXR/M101 phase90のデメリット

M101 Phase90のデメリット 生産された年代によって音が違う

Phase90が誕生したのは1974年ですが、年代に応じてロゴが変わったり、回路のパーツが変わったり、生産がジムダンロップ社に移ったりとモデル・チェンジを繰り返してきました。基本的な独特なうねりはずっと継承されていますが、音色が各年代によって違います。しかも個体差もあるようですので「Phase90沼」は、かなり深いようです。

調べ尽くして買ったとしても、好みの物に出会えなかったりという現象が起きてしまう場合があります。

MXR/M290 phase95の音質や特徴

M290 phase95の特徴1 Phase90と45を切り替えられる

Phase90の兄弟機として「Phase45」があります。機能が半分だと思ってもらえば大体の効きのイメージが出来るかと思います。半分の機能だと聞くと悪い様な印象ですが、さりげなく緩くかかる揺れは別物でPhase45も人気機種です。その45と90の二つの揺れを兼ね備えたのが「Phase95」です。SPEEDノブの左にあるスイッチで切り替える事ができます。オンにしますと45の緩く薄いフェイズ・サウンドに早変わりしますが、やはり単体の物とは違いますね。筐体も小さくなり、LEDライトが赤の点滅が45で青の点滅が90という新機能もうれしいです。

特徴2 Scriptモード

初期型のMXRのエフェクターは機種名、メーカー名は「筆記体」で書かれていて、それがビンテージの証として「スクリプト・ロゴ」と呼ばれるようになりました。1974年から生産されはじめたPhase90の初期型もスクリプト・ロゴで表記されていましたが、この年代の物は今でも人気があり高値で取引されています。そのスクリプト・ロゴ時代のサウンドと現代のサウンドが切り替えられるスイッチを搭載しているのが「Phase45」です。SPEEDノブ右のスイッチで「Scriptモード」に切り替えられます。サウンドの方は、本物のビンテージのPhase90や45を使ったことがないので何とも言えませんが、かかりが強くなるような印象です。

特徴3 組み合わせ次第で4種類のフェイズ・サウンド

上記の機能を組み合わせますと4種類の音作りが可能です。曲の雰囲気に応じて設定を変えるもよしですし、ノーマルのPhase90で不満があった所を改善してボードに組みなおす。などと使い方の幅が広がります。オンにすると音が大きくなるという部分はかなり改善され気にならないぐらいになっています。

MXR/M290 phase95のデメリット

M290 phase95のデメリット1 各モードの効きがいまいち

Phase90のノーマル・モードも少し現行の物とは音が違うようにも思えます。音量が上がらなくなっているので、そう思えるのかも知れません。Phase45に切り替えた時は「うーん」と唸ってしまうぐらい単体の物とは違いますね。ですが、これはこれでありなサウンドですので、割り切って使う事には抵抗はありません。Scriptモードは劇的に音が変わるわけではないので、ヴィンテージの音を期待されて購入されますと裏切られたような気持になるかも知れません。

MXRのフェイザーの違いを比較

phase90/95の違い

決定的な違いは各モードの切り替えスイッチです。Phase95のノーマル・モードはPhase90の音とされていますが、少し違います。Phase95のスイッチ切り替えで得られる45やヴィンテージの音も本物とは違います。ですから、Phase95は「MXRの血統を継いだ色々な音が出る便利なフェイザー」として考えるのが良いかもしれません。昔ながらのオンリーワンのサウンドを求めるならばPhase90ですね。

phase99と90の違い

現行で作られているMXRのエフェクターのひとつ上をいくエフェクターを作る「MXR Custom Shop」から発売された「Phase99」はひとつの筐体にPhase90を二台詰め込んだエフェクターです。SPEEDノブが二つありコントロールは独立していますが、Syncスイッチでシンクできます。そしてP/Sスイッチは二つのPhase90を直列で並べたり、並列で並べたりできる切り替えスイッチです。直列の方がかかりが激しいですね。Vintageモードは95でいうScriptモードでスクリプト・ロゴのヴィンテージの音が出せる切り替えスイッチです。さらにステレオ・アウトでき二台のアンプから別々のスピードのPhase90の音が出るという「これでもか」の使用となっています。Phase90との違いは、この多機能な性能なわけですが、多機能すぎて手に余るかも知れません。しかし、昔からPhase90を使い続けてきて更なる発展を待ち望んでいた方には嬉しい新機種ですよね。

phase45と90の違い

先ほども記載いたしましたが、Phase45は90の半分の機能です。ですが、90と違い音量が大きくなる問題もなく、コーラスっぽい緩やかで薄い揺れは人気があります。「Phase45じゃなきゃ嫌だ」というギタリストは私の周りのも数名います。常にオンで使っても気にならない優しい揺れは心地よいですね。

CSP026 ’74 Vintage phase90と90の違い

MXR Custom Shopのヘッド・デザイナーのボブ・セドロ氏が、個人的に1974年に購入していたPhase90を徹底的に検証して当時の揺れを再現したのが「’74 Vintage Phase90 」です。当時と同じ少し濃い目のオレンジの筐体にスクリプト・ロゴで電池駆動オンリーと外観も完全再現しています。こだわりの逸品ですので音は凄く近いようです。現行のPhase90よりザラついた良い意味で不安定な揺れが特徴です。Phase95や99のヴィンテージ・モードが気になる方はこちらの方を購入する方が良いかと思われます。

CSP101SL Script phase90 LEDと90の違い

基本的に「’74 Vintage Phase90」にLEDライトを付けてDCジャックを付けた物が「Script Phase90 LED」とされています。ですが、回路は現行機種とほぼ同じ物が使われているらしく「CSP026 ’74 Vintage Phase90」」が使いやすくなっただけではなさそうです。

EVH90 phase90と90の違い

Phase90の音を世界の定番にしたひとり「故エドワード・ヴァン・ヘイレン」は初期型のPhase90を使用していました。「BUD BOX」と呼ばれている時期の物でしたが、作られていたのは数年間で、すぐに極めて貴重なものになってしまいました。頻繫に荒々しくフェイザーを使うエディですので、壊れた場合の予備も気になるとこでした。そこで、ジム・ダンロップと共同開発して誕生したのが、シグネイチャー・モデル「EVH90 Phase-90」です。初期型のPhase90を参考にアップ・デートした激しく太い揺れは、中期から後期のヴァン・ヘイレンのサウンドには欠かせない存在でした。数あるPhase90のモデルの中でも一番激しくかかり存在感が凄いです。また、Scriptモードの切り替えスイッチが付いていますが、こちらは従来と違いオンにすると揺れが大人しくなります。エディのファンの方には必須アイテムかと思います。外観も赤に白と黒のストライプのエディ・カラーです。

M101 phase90とM290 phase95の使い方やつなぎ方、音作りのコツ

使い方1 基本は歪みの後に繋ぎますが

一応、モジュレーション系は歪みのあとに繫ぐのが基本となっていますが、Phase90に関しては歪みの前の方が良い感じでサウンドに馴染みますね。緩めのスピードでソロでオンにする基本的な使い方からやっていきますと、このエフェクターが持っている良さが実感しやすいのではないでしょうか。

使い方2 ワウとの併用

同じ揺れ物同士ですが、ワウワウとの併用も世界観が広がり効果的です。お手本となりますプレイはレッド・ツェッペリンの「ジミー・ペイジ」がライブ音源で頻繁に聞かせてくれます。ジミーは曲によって足でスピードをコントロールしているようですが、ワウとの併用時はフェイザーは緩めのスピードでワウでニュアンスを追加していくという使い方をしています。

使い方3 スピードマックスで飛び道具に

スピードをマックスにしますとトレモロのような激しい縦の揺れで「ぴょんぴょん」跳ねているような音が出ます。歪みと絡ませても揺れが崩壊せずクッキリと出ますので、ソロの締めなどに持ってきたりして聞き手を驚かす「飛び道具」のサウンドにもってこいです。

使い方4 空間系との相性抜群

デイレイやリバーブと併用しますと「幻想的」なサウンドが無限に作れそうです。単体ですと存在感が強すぎたりしますが、空間系のエフェクトとは相性がよく馴染んでくれます。

M101 phase90とM290 phase95を実際に使った感想

色々なメーカーのフェイザーを使ってきましたが、やはりPhase90に戻ってきてしまいます。それは刷り込まれた記憶と言いますか、幼少時代から聞いてきたロックの名曲達の陰にはPhase90サウンドがあったからだと思います。どんなフェイザーを使っても「何か物足りない」「何か違う」と思ってしまうのは、Phase90がロックの歴史と共に歩んできたからだと思います。

M101 phase90とM290 phase95はこんな人におすすめ

■ 初めてフェイザーを買う。
■ 定番だからあえて避けてきた。

Phase90は作られた年代によって音が違ったり、シグネイチャーが数種類あったりで、サウンドをコンプリートするのは愛情と労力とお金が必要となってきます。ですが、基本的な揺れは同じですので、中古品で安くどんなモデルを購入されたとしても伝統の音は感じとれると思います。楽器店などで試奏する環境があるのでしたら、どんどん試して自分のボードに組み込んで欲しいです。

MXR/M101 phase90とM290 phase95のレビューと比較!種類の違いは何?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる