MXR/M107 Phase100のレビュー!CHARの音作りや特徴

MXR/M107 Phase100とは?

ジャンルを問わず世界中で使われているフェイザーと言えば、MXRのPhaseシリーズだと言っても過言ではないと思います。

MXRのフェイザーはどれも個性があり優秀ですが、Phase100はシリーズ最上位機種となっており、他の機種よりモジュレーション機能の幅を広げられる仕様となっています。

目次

MXR/M107 Phase100を使用しているアーティスト

Rolling Stonesの「キース・リチャーズ」や「CHAR」やX JAPANの「Hide」やMetallicaの「ジェイムズ・ヘットッフィールド」などパッと思いついただけでも、そうそうたるメンバーですが、使用頻度の高さやPhase100の良さを引き出しているのはCHAR氏ではないでしょうか。

MXR/M107 Phase100の音質や特徴

コントロール部

SPEED うねりの速さを調節出来ます。

INTENSITY 位相切り替えが4段階出来ます。数字や目盛になっておらず、イラストで音の変化を表しています。

緩いフェイズ・サウンドから、激しいトレモロ・サウンドまで

他のPhaseシリーズには付いてない、INTENSITYを切り替える事により、緩いフェイズ・サウンドから、激しいトレモロ・サウンドまで作り込めます。この機能がPhase100の最大の特徴となります。

常にオンで使用

PHase100は個性が強いと言われていますが、その個性を逆に自分のカラーにしているミュージシャンも多いです。ここぞと言う時の使用ではなく、まるでアンプに付いている機能の様に常にオンで弾いています。ジャズやフュージョンのギタリストに多いようです。

オルガンでの使用

リズム&ブルースやファンク、ソウルなどを演奏する、黒人キーボーディストの、オルガンやエレピの上にPhase100が、ちょこんと置かれているのをライブ動画でよく見かけます。手軽にレズリー効果を得られるからでしょう。Phase100の揺れが、黒人音楽の激しくシェイクするノリノリのプレイを彩っています。

MXR/M107 Phase100のデメリット

サイズが大きい

サイズも存在感のある、98W×125H×62Dmmとなっており、ボードを圧迫してしまいます。とにかくコンパクトにまとめたいと思っている方や、持ち運びが電車移動の方などには敬遠されがちかもしれません。

個性が強い

Phase100は有名機種ではありますが、定番の名は兄弟機のPhase90に奪われています。最上位機種でありますが、他のPhaseシリーズと比べますと、個性が強く使いどころを選ぶのかも知れません。

もちろん好きな方には「これじゃないと」と末永く愛用されています。

アダプターのインプットとLEDライト

これはヴィンテージとリイシューに限っての事ですが、アダプターのインプットが付いていませんし、オンオフ確認用のLEDライトも付いていません。電池駆動のみですと、ボードに組み込む時に使いずらくなります。どちらのデメリットも改造で対応できる様ですが「ヴィンテージの高価なものに穴を開けるのは」と躊躇してしまいますよね。個人的には何も付いてない方が、無骨な箱って感じがして好きではあります。

Phase100とPhase90との違い

最大の違いはINTENSITYが付いているか無いかになります。Phase90が何か物足りなく思い、このコントロールが必要な方は迷わずPhase100を選ぶことをお勧めします。

後は、Phase90は踏んだ時にレベルが上がりますが、Phase100は上がりません。この辺りも選択基準となりそうですね。

Phase100の使い方やセッティング、音作りのコツ

レゲエ風の音作り

説明がしやすいようにここでは、INTENSITYを左から1~4とします。3にセッティングしてSPEEDを11時ぐらいにします。すると「ボブ・マーリー&ウェラーズ」の曲に使われている様な音になります。レゲエはギターの裏打ちでリズムを強調しますが、そこにPhase100で少し浮遊感を出す事で踊りだしたくなるようなギターサウンドにするわけです。

ユニバイブの代用品として

INTENSITYを4、SPEEDを2時辺りにセッティングします。すると、縦にゆれるトレモロの様に聞こえ、クリーンクランチでアルペジオを弾くと「ジミ・ヘンドリックス」の使用で有名な「ユニバイブ」に似た効果を得られます。はるか昔にユニバイブは生産中止となっていて、中古市場で高価で取引されていますので、Phase100で代用している方をよく見かけます。

ジミヘン風の音作りでファズなどの歪みと併用する場合は、歪の前につなぐのが一般的です。

CHARの音作り

一時期は「常にオンにしているんじゃないかな」と思えるぐらいPhase100を使っていたCHAR氏ですが、INTENSITYを1、SPEEDを9時と緩めのセッティングがお好みの様です。アルバムなどでは激しく使ったりしてる曲もありますが、ライブでは緩くかけ、ギターの音をふくよかにすることを目的とされていたようです。CHAR氏の所有している物はMXRのロゴが「スパゲッティ・ロゴ」と呼ばれる筆記体の初期型のヴィンテージの物ですので、かかりも現行品と違い、緩くかけても存在感がある様に聞こえるのかもしれません。

ラバー製のスピード・ノブ・アタッチメント

新品購入ですと付属してくる「スピード・ノブ・アタッチメント」でリアルタイムでスピードの速さをコントロール出来ます。ノブにアタッチメントを付けて足で操作するのですが、慣れば使える操作方法です。

MXR/M107 Phase100を使った感想

CHAR氏の様に薄目で常にオンにも憧れてしまいますが、ギターとの相性もあると思います。CHAR氏が常にオンにしていた頃のメインギターは「ムスタング」でした。ムスタングはそんなにパワーのあるギターじゃありませんので、足りないところを補う様に使っていたように思えます。

個人的にはレゲエの曲のカッティングが一番ハマると思いますが、せっかくINTENSITYが付いているのですから、激しいセッティングを使ってみたくもなります。

MXR/M107 Phase100はこんな人におすすめ

CHAR氏のファンの方は迷わず使ってみる事をお勧めいたします。各メーカー必ずフェイザーは作っていますし「ブティック系」の工房からも多機能なフェイザーが発売されています。しかし、私の周りに限らず、MXRのフェイザーに戻っていく様な気がいたします。かく言う私も、長い長い自分だけのフェイザー探しの旅からMXRに帰還いたしました。

ジャンルを問わずフェイズ・サウンドの音のイメージはMXRのPhaseシリーズが作り上げてきたと思います。その中でも最上位機種にあたります「Phase100」の揺れは、一度体感しておく必要があると思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる