BOSS/EQ-200 GRAPHIC EQUALIZERのレビュー!使い方も解説

EQ-200とは、BOSSから発売された次世代型グラフィック・イコライザーです。

一般的なグラフィック・イコライザーとは異なり、LCDディスプレイ、メモリー機能、MIDI接続対応といった多くの機能を持っています。

さらに、そこまでの機能性を持っていながら、シンプルな操作性とコンパクトなボディサイズを実現し、まさに「次世代」という言葉にふさわしいグラフィック・イコライザーとなっているのです。

そんなEQ-200の機能や特徴をより詳しく紹介していきたいと思います。

併せて読みたい記事

目次

EQ-200の音質や特徴

LCDディスプレイ

EQ-200には、10バンドのイコライザーが搭載されており、 30Hz~12.8kHzの帯域をブースト/カットすることができます。

しかし、これはEQ-200に限った話ではなく、通常のグラフィック・イコライザーでも同じです。

では、EQ-200と通常のグラフィック・イコライザーとは何が違うのでしょうか?

それは、EQ-200にはLCDディスプレイが搭載されているという点です。

LCDディスプレイにイコライジングが高画質に表示されるため、今のイコライジングがどのようになっているのかがパッと見てわかるようになっています。

また、明度も高く、暗いライブステージ上でもとても見やすいです。

メモリー機能

メモリー機能は、EQ-200の最大の特徴とも言える機能です。

なんとEQ-200では、最大で4つのイコライジング設定をバンクに保存することができるのです。

右側のMEMORYフットスイッチで、保存したバンクの切り替えを行うことができます。

ライブでイコライジングを変える必要があるときにもフットスイッチを踏むだけで瞬時にバンクを切り替えられるので、リアルタイムでの操作にも適しているのです。

また、切り替えの際はLCDディスプレイに、バンクに保存されているイコライジングが表示されるため、いま自分がどのようなイコライジングを使っているのか分からなくなってしまうといったことは一切ありません。

気に入ったイコライジングができあがったら、どんどん保存して活用しましょう!

MIDI接続

本体の側面には、MIDI端子が備え付けられており、ここからMIDI機器を接続することができます。

MIDI機器を接続することで、MIDI機器からバンクの切り替えが可能です。

これによってEQ-200本体のスイッチを使用しなくとも、外部機器で遠隔操作ができます。

MIDI機器を現場でよく使うという方にとっては大きな利点でしょう。

インサート接続

EQ-200には、イコライザーが2基搭載されており、これによってインサート接続が可能となるのです。

「どういうこと?」と思った方がいると思いますので、簡単に説明します。

EQ-200では、CHANNEL-AとCHANNEL-Bの2つのチャンネルにそれぞれイコライジングを設定することができます。

これによって、より自由度の高いイコライジングが可能となるのです。

例えば、

ギター→オーバードライブA→EQ-200のCHANNNEL-A→オーバードライブB→EQ-200のCHANNEL-B→ギターアンプ

といったように、オーバードライブAのイコライジングをCHANNEL-Aでおこない、オーバードライブBのイコライジングをCHANNEL-Bでおこなうといった入り組んだイコライジングができます。

通常ならイコライザーを2つ必要とするようなこのセッティングでも、EQ-200なら一台で実現できるのです。

こういったインサート接続が可能な点は、EQ-200の強みだと言えるでしょう。

ここがデメリット

MIDI端子が小さい

最近のBOSSのMIDI対応エフェクターには、MIDI接続端子ではなく、ステレオ・ミニ・ジャックサイズの通常のMIDI端子よりもさらに小さい端子が搭載されています。

そのため、通常のMIDIケーブルを接続することができません。

MIDI接続するためには、MIDIをステレオ・ミニ・ジャックに変換する別売りケーブル(BOSSのBMIDI-5-35など)が必要となります。

変換ケーブルを持ってる方にとっては気にする必要のない話ではありますが、変換ケーブルを持っていなくてMIDI接続をしたいという方にとっては少し面倒ではありますね。

自分なりの使い方やアレンジ方法、セッティング例、つなぎ方、音作りのコツなど

ギター以外の楽器で使用

先ほどからギターの使用を前提に紹介してきましたが、EQ-200はギター以外の楽器でも使用することができます。

ギターだけではなく、ベースでの使用もまたオススメです。

ベースのスラップ音をドンシャリ気味にセッティングしたり、スタジオ常設のベースアンプの特性に合わせて音色を微調整したりと、その使い方は無限大。

今持っているベース用イコライザーをさらにグレードアップさせたいという方にもうってつけです。

そのほかにも、アコースティックギターやキーボードといった楽器のイコライジングにもバッチリ使えます。

EQ-200はこれ一台で、どんな楽器のイコライジングにも使える優れモノなのです。

酷似している同価格帯の機材と比較した場合の感想

次世代イコライザー・エフェクターといえばFREE THE TONEのPA-1Qもその一つでしょう。

メモリー機能、MIDI接続はこのPA-1Qにもある機能です。

では、EQ-200とPA-1Qの違いはなんでしょう?

まず、PA-1Qにしかない強さは、なんといってもその音質の高さでしょう。

PA-1Qでは、アナログとデジタル両方でイコライジングをおこいます。

サウンド処理はアナログで行いつつ、パラメーター操作はデジタルでおこなわれるのです。

アナログ処理による嫌味のない自然なサウンドとデジタル処理による柔軟で正確な操作感の融合は、EQ-200にはない特徴でしょう。

一方のEQ-200は、確かに音質面ではPA-1Qにやや劣りますが、その直感的な操作感という面ではPA-1Qも敵わないほど優れています。

本体正面のLCDディスプレイは、PA-1Qよりも細かいところまでハッキリと見やすく、またバンクの保存/編集/呼び出しといった操作もカンタンなため非常に扱いやすいです。

と、このような違いがありますが、なんといっても気になるのは価格でしょう。

その値段は…

  • EQ-200 → 税込27000円
  • PA-1Q → 税込41800円

かなりの差がありますね。

PA-1Qの発売元のFREE THE TONEはハイエンドブランドということもあって、なかなか強気の値段です。

しかし、その値段に見合った音質を味わえることでしょう。

以上まとめると、

  • EQ-200 → 直感的、扱いやすいイコライザー
  • PA-1Q → スタジオクオリティのイコライザー

EQ-200は初心者〜上級者の方まで幅広く使えるアビリティの高いイコライザー、PA-1Qは音にこだわりのある中〜上級者向けのイコライザーだと言えるでしょう。

実際に使った感想

わたしのようにギターだけではなくベースなど他の楽器も弾く方にとっては、このEQ-200ひとつあればイコライジングに関してはこの上なく十分でしょう。

特にメモリー機能は、とても役に立ちます。

今までのイコライザーではあまり見られない機能ですが、瞬時にイコライジングを変更できるというのはやはり革命的です。

正直これ以上のイコライザーをもう必要ないかなと思えるほどの完成度の高さです。

メモリー機能だけでなく、直感的な操作、MIDI接続といったものも、レコーディングやライブなどさまざまな場面で使えます。

イコライザーで迷ったらコレひとつです。本当に。

こんな人におすすめ

いかがだったでしょうか。

私にとっては、

  • すぐ使いこなせるイコライザーが欲しい方
  • 初めてのイコライザー選びに迷っている方
  • いろんな楽器で使用予定の方

に向いている印象を受けました。

見やすいディスプレイ、メモリー機能、MIDI…と非常に多機能でありながら、直感的でカンタンな操作感を実現。

「イコライザーもここまで来たか!」というのが第一印象でした。

まさに文字通りの次世代型イコライザーです。

みなさんもぜひ、このEQ-200を体感してみてください。

併せて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる